読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記憶

 

 

こんばんは。

 

先日抜歯したため

あまり食べられず、減ってます。

嬉しかったりする、

 

入院していた頃が恋しくて、

あの頃はなんでも頑張ってたなって。

たとえ間違った方向だったとしても

あの頃は必死で、がむしゃらで、

精一杯生きてたんだなと

ほらまた、過去を見てしまう。

 

保健室にはなかなか行けなくて

休む場所なんかなくて

私にとっては、病院は、

唯一安心できる場所だった

 

私の病気を認めて欲しくて

病気の私も許して欲しくて

 

結局そう思ってたんだな、

親に対して。

 

病気で、ダメな自分を受け入れてほしいと。

 

でもほら、誰でもいいのよ

構ってくれるなら、受け容れてくれるなら。

 

そうやって、学校の先生に

養護教諭に、主治医に、看護師に、

甘えてきたんだから。

 

あの日、夜間精神科に行ったとき

看護師の手を

必死に握ったの

 

私が安心して身を任せられたのは

看護師だった、親ではなく

入院したいとせがんだ

 

 

こんなの、過去の記憶

消えてしまえばいいとも思うけど

心の片隅にずっといて

不安定になると必ず出てくる。

 

この記憶と、向き合わなければならない。